AGAの治療について考えてみた

若いころはフサフサしていた髪の毛が、中高年になってボリュームがなくなってきたと悩む人は多いものです。

生え際が後退してきたり、後頭部が薄くなってきたときにはAGAの可能性があります。AGAは男性型脱毛症といわれ、男性ホルモンの影響を受けて薄毛が進行すると考えられています。家系的に髪の毛の薄い人が多かったり、抜け毛の量が徐々に増えてきている感じたら要注意です。

AGAは急激に進行することは少ないのですが、対策をせずにいると徐々に進行していきます。最近は、AGAの専門外来を設けているクリニックも増えてきましたので、気になる症状があるときには、早めに受診してみてはいかがでしょう。

AGAの専門外来では、問診のあとに飲み薬や塗り薬を処方してもらうことができます。飲み薬はプロペシアが用いられることが多く、半年程度、内服を続けることで9割ほどの人が効果を実感できるとされています。内服薬と併せて塗り薬を用いることで、さらに効果が高まると期待できます。

プロペシアについては、個人輸入で内服する人も見られますが、これには注意が必要です。プロペシアは副作用の少ない薬とされていますが、人によっては副作用が現れることがあります。クリニックでは血液検査をしながら、経過を観察し、気になる症状があった場合には、随時相談することができます。また、服用後半年を経過して、薬をどのように減らすかについても通院していれば、安心して相談できます。

コメントは受け付けていません。